Discarrow  店主の小言

熱帯魚の王様ディスカスを中心とし、様々なアクアリウムや日常を!

ディスカスの基本飼育 育成 ③

 ここまでくると特に書く事もなくなり餌やって水換える。
ただそれの繰り返しを行うだけです、それ以上の事は基本飼育ではなくなりややアレンジ飼育と
なっていきます。それもやはりアレンジなんです、ちょっとした工夫を行うだけでそれ以上の
事が出来てしまうのです。
基本的に皆さんが効く耳を持ちたいのがこのアレンジした飼育法なのでしょうが
まず基本が出来ているかどうかが大事で基本が出来ていなければその先を何ぼ頑張っても
活かす事ができずに終わるというのが殆どでしょう。
買ってきた6cmくらいの幼魚を1年後には14cmくらいまで育て上げることが出来る。
これで何も問題はありませんね月の成長目安としては月1cmほど大きくなれば十分です。
というか月1cmだと12cmプラス購入時のサイズとなります、そうすると18cmになるのですが
ディスカスはある程度のサイズになると成長が緩やかになります、というか緩やかに飼育者がしてしまってますね。幼魚期ほどの水換えも行わなくなるでしょうし餌の回数も減ってきたりあるいは
ディスカスが倍のサイズになってるのに餌の量がそれほど変わらないとか。
このように要因は多々あるのでどれかが身に当てはまるとおもいますよ。
ここでまず購入してきたディスカスが普通に育て上げることができない場合は自身のブリーディング
で育て上げるのはほぼ無理でしょう。買ってきた魚は育てあがるのだけどブリーディングをやってても
成魚を見たことない人ってきっと周りにもいるかもしくは自分自身かであるとおもうのですが
これは単純に基本飼育が出来ていない人 基本飼育を知らない人になります。
逆に基本飼育がしっかり出来ている人は何をやっても上手くできています、教わらなくても
天性の感とでもいうのか、今時の言い方ならセンスがあるセンスがないといったところかな。
あるお客さんに以前言われたのがディスカス飼育に向いてないという言い方をされてた方もいます。
まさにその通りだとおもいますね、ではどうすればいいのか?
答えはちゃんとわかってる人に聞けばいいのです、私の元でディスカスを始めたとか覚えたという人は殆ど飼育は上手くいってます、雑念を振りほどき訳の解らんまま色んな人の話を聞かないことです。上手くいってる人の話をその人一人だけの話をきいて教わる事です。
情報過多の時代ですので簡単に色んな情報は手に入りますがただの雑念でしかないです。
まあ勿論うちのお客さんでも色々なところに足を運ぶ人もいますがはっきり言います
出来て無いです。
残念で可哀想だけどそれが現実です。ちなみに私いいねとしか言わないですから。
飼育の上手下手は誰にでも有ります、私の言う基本サイズとかでなくてもいいので確実にサイズアップさせることができればそれも十分だったりします。
人と比べるのでなく自身の育成はこれくらいだというのをしっかり把握できればどんどん改善
する事はできます。
私自身もそうで例えば以前も書いたのですが90cm水槽に5cmくらいの幼魚は10匹と決めてます、それ以上はわたしの場合は上手く育て上げることができません。
このように自分の限界を知って自分のスタイルに合うやり方をすれば綺麗なディスカスを育てることはできるのです。自分の能力を知るというのは結構大事ですよ。
飼育者としては水槽内を100匹の群泳する姿も見たいですが私はそれより1匹でいいので
誰が見ても綺麗だねといわれるディスカスを得たいです。
美には欲深いですが無駄なものには欲はないです。
これが世の中のベストではなく自分自身のベストを見つけるのが大事だとおもいます。

2011-11-22 012_R 

画像は懐かしのラディーグブルーです。

次回は病気とかでもやりましょうか、病気だと画像がないので上手く伝えれないですよね。
すぐ終わっちゃいそうだけど少し触れてみたいとおもいます。

さてコツコツやりますかね。


IMI

 未分類

0 Comments

Leave a comment