Discarrow  店主の小言

熱帯魚の王様ディスカスを中心とし、様々なアクアリウムや日常を!

ディスカスの基本飼育 育成 ②

 育成の続き。
特に何も変わったこともせず、あまり手を抜きすぎないでメンテナンスをすれば
ほっておいてもそれなりには育っていきます。
私の場合特に目的がない限りは1日1~3回の餌やり(ちなみに稚魚、幼魚以外は1週間に1度は全く何も与えない日も作っています)
週に1~2回ほどの水換え。
ユーザーの皆さんよりはかなり手抜きというかだらだらというかいわゆるやってないという状態に
ほぼ近いのかもしれないですですね。
私の場合コンペティションに出すことも最近ではなくなっていますので基本の飼育スタイルは
繋ぐ飼育ということになります。
何を繋ぐかというと血を繋ぐ!ただこれだけです。特にキャリアの長くなって自身で楽しんでいる
飼育者はほぼこの状態になってるかとおもいます。
いわゆるFいくつみたいな飼育ですね。F1はいわゆるハイブリッドで系統作りでは
最初の種親作りの作業でその兄妹魚同士の中で交配をするとそれがF2になり同じ事を繰り返して
いくとF3とかF7とかと数字が増えていくことになります。
例えばF2の魚を2腹採ったとしてAの腹から♂を選んでBの腹から♀を選んで同じ親から生まれた
仔同士での交配をするとそれはF3にはならずF1となります。
親と掛け戻しをしてもF1となります、純粋に兄妹魚同士の交配のみ数字を殖やしていく事ができるのです。これが本来のFの使い方なのですが近年というかあまり解らない人とか拘りがない人は
ちゃっちゃかと数字を増やす傾向にあります。
私は結構血を詰めていくことをしてしまうので親子掛けもしますので世代はあまり進んでいないので
たまにFいくつですかとか聞かれるのですがこの系統は10年いじってるから6世代くらいじゃないかなという程度でしか答えられません。
しかも可能な限り同一親で3腹は採るようにしていて、その中から一番当たりの良い腹から仔を
採るようにしていますので何気にめんどくさかったり時間掛かったりもしています。
ある程度血が詰まって殆ど変わらぬデッサンを得れるようになればそこまでしなくてもよいのですが
F3程度とかだと結構まだバラけますので必要以上にその中身を知る必要があります。
けど一番重要だと思う世代はF2世代でここはやはり3腹は欲しいところですね。
しかも立て続けの3腹で約4~5週の間に3腹がベストです、これをやって育て上げるとよくわかるのですが結構違ってたりしてるんです。♂寄りの仔が多く出たり♀寄りの仔が多く出たり
ベストは中間のが多く出ることなのですがなかなか思うようにはいかないのが現実です。
そのためまた何度も別の血統で作ってみたりと忙しくなります。
だからディスカスは辞められないのかもしれないです。手を出したからにはそれなりに結果も見てみたいというおもいがありますので。。
ちょっとずれてしまいましたね。
2018-02-25 etc 012_R 
この画像は5cmくらいの幼魚を10匹ほど拾い出して90cm水槽で育成している
状態です。約11~12cmといったところでしょうか。
途中でコカしたくないので一生懸命ではないですがコツコツと育てています。
特筆すべき点はサイズのそろい具合です、1cmほどちょっと差が出てきましたが
これは♂♀の差が出てきたということだけで育成としてほぼ狂いなく皆が育っている状態です。
これが10匹飼育が一番楽だと言う私の結果になります。あと4cmほどサイズアップすれば
十分なのでその4cmをあと1年くらいかけて育ってもらって1年半以降で2才を過ぎたら
次の繁殖を目指そうというスタイルです。
ところがいつもこのあたりからついつい販売をしてしまい数を減らしてしまうことで
テリトリー争いが激しくなってしまって成長ホルモンに刺激を与えてしまい育ちが悪くなる
ということを引き起こしてしまいます。
昔森さんに言われたのですがディスカスの上手下手はいかにサイズを揃えて育てられるかどうかだと
いうこと言われました。数多くのユーザーの取材から海外のプロまでもを日本で一番多くの取材をしているからこそ解るものがあるのでしょう。ちなみに日本では私ともう一人の方のみが目にかなったみたいですアザーッス^^もう一人は言わないでおきましょう。
森さんと言えば初めてうちに来た時のことを今でも覚えていますが目をまん丸として
とにかく驚いたと今までなんで来て見なかったのだろうとちょっと後悔してくれたことが嬉しかったりもします、当時は別の方がうちには来ていたので声を掛けれなかったといのもありました。
海外のトップブリーダーも昔はよくディスカス譲ってくれという話はありましたね、今でもありますけどね。
自慢話はさておき、自分のスタイルに見合う育成をすることが大事でいかにそれに早く気がつくか
どうかが飼育レベルの向上に繋がります。決して無理はしないこと無理すると続かないです。
それとディスカスを知ることですディスカスには何種類かあってそれぞれに見た目だけでない
特性というのがあって、しかもそれがことディスカスに関してはメンデルの法則などが当てはまらないということ。そして人に聞いた話とか雑誌で見たとかネットで見たとかでなく自身で経験すること
が一番大事です、近年は経験もしてないのに語るばかりの人も多く真に残念な人が多いです。
他の人には通用しても我々30年もやってるような人たちには全く通用せず見抜かれています。
ただ恥ずかしいだけの人なので小さな事でもコツコツと経験をつんでいくといつか必ず財産となりますので色々試したり色々殖やしてみたりするといいですよ。
論より結果!これだけです。
もうちょっと飼育の話をすると私のところは基本水温28度での飼育をしています。
28度と30度32度では補食しても消化吸収時間が異なってきます、そして温度が高ければ
多くのエネルギーを必要としてしまいます。
溶存酸素量も違うしバクテリア量だって違ってきますそうするとPHの変動速度だって変わってきます。全ては繋がっているんです、一つ解決したら何かが変わる。
そうすると水飼えや餌やりが変わってきます、今は私はやらなくなりましたけど水温何度でPH,GH,KH、アンモニア、亜硝酸、溶存酸素量、これくらいの最低のところを簡単にできるので
データを取っていました、このデータがあるから自分の飼育法を見つけることができたんだとおもっています。
マニアの方は最低これくらいのことはやっていますのでこれからディスカスを上手にやりたいという方はこういう道を辿っておくのもいいとおもいますよ。私同じ市内の引越しでも毎回やってました。
引越し先によって水道管の古さとかも違いますので。
そういうのを把握すると何故ディスカスハンバーグなのかとかも解るし
ハンバーグ内の消化酵素もなぜこの種類なのかとか
この先のお話になるとちょっとマニアックになってしまうので今日はこの辺で!


2018-02-25 etc 008_R 2018-02-25 etc 006_R 
ちょっと色揚げの餌やってみた。

実物の色が出ない。。。もっと綺麗な黄色が出てるんだけどな~

メリハリはついてきたような気がします、やり過ぎないように注意します。


IMI

 未分類

0 Comments

Leave a comment