FC2ブログ

Discarrow  店主の小言

熱帯魚の王様ディスカスを中心とし、様々なアクアリウムや日常を!

ディスカスの基本飼育 餌 ①

本日定休日!

定休日なのに仕事してるぜアピール!

水換えに部分的に餌やり、そして発送。時間もあるからブログの更新。

休みなのにやることもないという可哀想な人間なのかもしれない。。。

さて基本飼育に関しては前回までで何となくは掴んでもらえたかとおもいます。
難しいことはせず至ってシンプルに魚まかせでも十分ディスカスは飼育できるということが
わかるだろう。
人それぞれ好きなスタンスで相性の良い機材を使って楽しんでもらいたい。

          ディスカスの餌
ディスカスを飼育する上ですることといえば餌を与える事、水を換える事。
この二つしかないだろう。
昔ディスカスの先輩(結構有名な人)が教えてくれたのが
「綺麗な水と良質な餌」この二つだけでいいと
今は私もこの二つの重要性をお客さんには伝えている、何故ならそれを実践して
そうなんだということを実感したから伝えています。
ディスカスの餌は専用のディスカスハンバーグ、冷凍アカムシ、ドライフード、アルテミア、
などなどがあるとおもいます。アルテミアは自家繁殖してる人くらいしか使わないだろう。
よってハンバーグとアカムシにドライフードくらいのものだろう。
まずはドライフード!私の場合はほぼ100%与えることはありません(これもメーカーさんごめんなさい)。アマチュアのときは色々買って試したりしてました、買うのも好きなんで。
けどほとんど使い切る事無く次々と買っては並ぶだけという。。。この時点で良くないから
使わないというのが結論として出ていますね。
良かったら今でも使ってますので、私の場合はっきりしてますので良いものは長く使い続け
良くないと思えば即ヤメ。これは実際の良し悪しではなくはっきりとした違いであるとか
結果結論が見えないなら良いものという判断はしないということです。
あと特有の色付きが出てしまうため使いません。
ディスカスの顔がオレンジになったり尾ヒレにオレンジが差し込んできたりするものが多いです。
ディスカスにとってこの色付きは致命傷で私は嫌いです、美しくないから。
血統によってはアスタキサンチンに過剰に反応する系統もあって追加で色揚げをしていなくても
赤くなってしまうものもあります。餌の中に入っているシュリンプ成分だけでそれを促す
ものもありますのでそういう系統はなるだけそういう成分を与えないように気をつけたほうが
いいですね、美しさに直結しますので。
以前東海大の水産学部の機械を使い成分分析を行ったとき全メーカーの飼料を集め全て分析
ということを行った。暴露しちゃいますけどキョーリンさん意外は全て嘘の成分表を貼り付けて
販売をしています(コレまじ)。中国あたりでものを作らせたりしているのだから当然と言えば
当然の結果なのかもしれない。
しかしここはキョーリン1社だけでも正しいものがあったことをほめておくべきなのだろう。
こういった事って結構多々あってうちのお客さんは私とコミュニケーションをとっていますので
そういうことは大体教えています。無駄な事はさせたくないので。
これでまた業界うんぬとか言い出して文句言ってくる輩もいるだろうがどうぞどうぞ
言ってきてください。
結論物の良し悪しではなく必要だと思う人は使えばいいんじゃないですか程度のものです。

冷凍アカムシは全ての観賞魚に良い餌だとはおもいます。
しかし万能の餌ではなく主食ではなくオヤツ程度です、けど人間でもポテチばっかり食べてたけど
こんなに大きくなりましたみたいな人もいますのでそれと一緒でディスカスが大きくもなりますし
色も出ます。ただどれも物足りない感じですね、サイズは上がるが薄っぺら形も崩れます
色も何となく寂しい感じ。
決して最高ではなく万能でもない、けど実際じゃあハンバーグは万能なのか?
これもそれだけではやはり物足りない。満遍なく与えるのがベストなのだろう。
アカムシも何社かありますがメーカーによって基本サイズが違っていたりします。
まずアカムシとは何なのか、いわゆる蚊の幼虫ですユスリカというやつで日本でも
そのへんを飛び回ってるやつです。日本でアカムシ採集したことある人ならわかるのですが、
私は専用の道具も持っていますし採集もしたことはありますのでわかるのですが
非常にとてもとても汚いところに生息しています。
この辺なら牛舎や鶏舎があるところの近くを流れる元川みたいなドブにいます。
ちなみにミジンコもそういったところにもいます。
現在の日本の河川はほぼ整備されてきてるためなかなかこのどぶ川さえ無くなってきています。
昔は生きたアカムシを熱帯魚やさんで売っていたのですが近年ではほぼ売られることはなくなってきています。
そこで目を付けられたのが中国で採れるアカムシを冷凍して使うということです。
私が始めた頃はまだ冷凍アカムシなど無く売られていてもとても高価だったので使えず
という時代だったのですが近年では安価で冷凍アカムシが流通していますので思う存分
使ってもらいたいものです。
この冷凍アカムシも実は裏話があるのですがそれはまた別のときもしくは店頭にて!ですね。

風邪でダウンしてるのでここまでにしときます。
続きは次回で!
2018-01-31 etc 007_R 2018-01-31 etc 008_R 
餌を食べたあとのディスカスの幼魚です。
これくらいのふくらみができるまで与えとくといいんじゃないですかね。
参考にしてください、ちなみにハンバーグでもアカムシでも同じです。


 未分類

0 Comments

Leave a comment