定休日だけど祭日

2015-12-22 etc 003_R
 昨日UPしようとおもいついでに撮った46Ls。

うちでは結構なスペシャルクラスである。スタイル グラデーション そして風格!!

この風格というのが結構大事なポイントでこのミドルシンタイプが更にそれを際立たせるものとなる。

しかしここが物議を醸しだし論点となるところだろうが結論から言うとこれは好みであるww

良い魚というのを何処に置くかというところが個人の自由でどういう魚が好きかというところで分かれてくる

普段画像やら写真とかでしか物を見ていないとそれが良いものとなるでしょう、その時比較となるのが

個人が所有してるものと比較してしまうだろう。

あとはコンテストなどで優勝するような魚との比較も多いかな、例えばこの46Lsは素晴らしいし高価だし

しかしこれをコンテストに出陳させるとなると「良いディスカスだけどもうちょっとだね」

「悪くないけどここがね」などの評価を受ける事になるだろう、実際私も審査はするので

自分の魚であってもそういう評価を出すでしょう。

その前に結果見えてるから出さないけどねw

まあ見ての通りマイナス評価となるのは全身に柄が入っていないということです。

けど私はこういうのが好きですね、野生種WILDディスカスにしても同様の評価をしますね。

そのほうが野生種っぽいからです、改良並みのロイヤルも嫌いじゃないどっちかというと好きなほうです。

しかしそこに何を求めてるかで大幅に評価が変わってきます、そしてロイヤルは好きですけど

フルラインはそれほど魅力を感じない。

ここ結構重要で最近はロイヤルとフルラインの区別がつかない人が多く現地や販売店に至ってもその区別がつかない

のが現状です。知らないというのは幸せな事だとおもうが一方で可哀想にもみえてしまう。

何処にディスカスの魅力を置くかということが非常に大事ということでそれは個人によって違うものであるのも正解です。

じゃあ余計な事言うなという話になってしまうのですがただ定義が決められてるものもあるということです。

私が古い人間だからしょうがないのかもしれないですがロイヤルブルーロイヤルグリーンスポットグリーン

各セミロイヤルジプシーコモンというのはそれぞれここがこうでとかあそこがどうでとかがあるのですが

古い人たちがどんどんいなくなりそれを語り継げられず今に至る。。

現実は今が全てなのでどうでもいいという事にもなるのだが歴史は嘘をつかない

過去を探るというのも大事なことですね。

時折メッセージをくれて話す方とかもいるのですが自分はこういう魚でこういうのが好きでこういう魚を作りたいんです。

という方もいます。この明確さがいいですよねあとは突き進むだけできっと望むものを得ることができるんだろうな~

などとおもったりします。

しかしそうは甘くないのがディスカスです、一生遊んでくれ!!!

そんな私もまだまだ珍道中。。。

来年「ディスカス生態研究所」を設立します。これが最後のディスカスライフワークになるかな。

きっと1人だけ笑ってくれてるでしょうww

コメントの投稿

非公開コメント

腹痛い~~~~(爆)

No title

とさびーるさんどもです。
ワニ飼ってくださいw

No title

俺のことかな???

No title

SKさんどもですww
出た~元飼育者wwww

( ・∇・)

今度教えて下さい♪(*´ω`*)
少人数忘年会まだですか?(爆)

No title

karsarさん特別ですよww
少人数新年会にしますかww
プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR