キングコブラ

2013-03-17 Lsクロス 012_R
2013-03-17 Lsクロス 013_R
 WR19Lsクロス

2013年3月の画像です。

WR19LsとWILDクロスとのハイブリッドF1の中から出たキングコブラになります。

通常バーチカルでスネーク柄というやつです。

20数年ディスカスを繁殖しまくったのですが後にも先にもこの個体のみです。

この後もう少しメリハリが付き更にらしさが出てたのですが不慮の事故で落としてしまいました。

同居魚も全て失い同等の種親クラスを水槽6本分落としました。。。

長くディスカスと携わっていると時折事故やらミスやらで爆死させてしまうこともあります。

流石にこのときはこの個体を失うことだけが後悔させられました、他の個体も大事なのですが

作ろうとおもえば作り直しができるので時間さえかければいいだけのことなのですが

このように特殊突然変異はそうはいきません。

またいつかこのような個体に巡り会いたいものです、もしかしたら今育成している3/4WR19Lsからは出てくる

可能性は無いわけではない。出てくる可能性は十分ありますが定かではないです。。

突然変異といえば15年くらい前ですが通常ターコイズからブルーダイヤモンドも出たことあります。

14本バンドのスネークはないですね、バーチカルだけで考えると13本バーチまでは出たことあります。

ピジョンも出たことはないです。

その代わりゴーストなのか近いものなのか解らないですがソリッドブルーから透明燐は出ました。

その時は2種類の透明燐までは確認しています、兄弟同士の中からの出現です。

その親魚もその組み合わせ以外からは1匹もでることはなくこの雄とこの雌というように限定されました。

同じ兄妹魚でも同じではないということの証明になりますね。

昔のように水槽に余裕があれば以前のように試験採りを行い遺伝させるにはどの雄とどの雌の組み合わせが

良いかを試験的に行うやり方をしたこともありましたが最近では増やすのは簡単だけど減らすのは難しいので

個体をじっくり見極めて親を選ぶやり方になっています。

それでも3パターンくらいは行いますけどね、これ悪い癖です。。

こういうことを行うことで次世代への確立UPと駄魚の軽減をすることができてきます。

無駄なことしてるようだけどプロブリーダーなら誰でも行っているはずです、これくらいのこともせず

プロを語ってるとしたらそいつは偽者だ~

今の時代なら実際はそこまでの人はいらんのだろうけどねw

そういう魚を必要とするユーザーもいないから丁度いいのかもしれないですね。

それでも私の場合は趣味の延長性が高いので知りたい事は自分で検証するし

ベストな飼育も自分であみ出します。

それがこのディスカス遊びだと今でも思っています。

話が反れましたので戻しますがWILDでも過去にキングコブラ(スネーク)が採集されていますが

ピジョン系のバーチカルの分散型はまだ見つかってないです

透明燐も見つかっていないですがこれは幼魚でないときっちりとした確認が出来ないので

実はいたりしてるかもしれないですね。

ダイヤはまれに採集されてるようですが日本国内にて繁殖実験を行った結果高確率で偽物っぽいです。

WILDのアルビノという話は聞いたことはありますが定かではないといったところかな。

ディスカスもこのような特殊形質を持ったものも上手に品種化していけばまだまだ面白いものが出来てくるかもしれない

ですね。しかし特殊形質を引っ張り出すにはインブリードも必要になってくるし

そのインブリードは世代が進むにつれ難易度が高くなるので繁殖者の技術も必要とされます。

簡単に良いものが手に入る時代になったので技術を磨く人はいなくなって当然なのだろう。

良い魚持ってる人はいっぱいいるけどこの人上手だなと思える人がいないのが寂しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR