46LS

 稚魚というつまんない画像ですが楽しんで下さい。

2011-11-08 003_R
 プラケの中にいる約2,5cmサイズのWR19LS♂×WR46クロス♀です。

数が少なかったためその場にあったプラケで飼育してます。

この組み合わせは何故か相性がよさそうです。

稚魚自体は体着当初は弱く体着中にずり落ちをしてしまうくらいです。

今期より赤系を久しぶりに採り始めたのでまずは系統作りのための種親を作ろうと思います。

はっきり言ってかなりいいのが出てくると思います。

以前もこのような組み合わせで採った事はあるのですがかなり遊べました。

2011-11-08 004_R
 こちらは同じ組み合わせでの2腹目になります。

こっちは水槽で育てていますので少しは見れますね。

入れ物が違うので微妙な個体の変化はありますが同等のものになりそうです。

現在3腹めがブライン前の体着中です。

2011-11-08 007_R
 これは♂が同じ系統のLSで♀がストライプ系のWILDクロスになります。

ほんの少し早くに採れたので一回り大きいです、全部ではなかったのですが少し光ってる個体が

いたのでUPで撮って見ました。

やはりボディーのホリゾンタルが出ているようです。

この組み合わせも次世代に繋がる系統になればと思います。

もう2系統くらい何か作っておこうと思います。

当店のイメージとしては皆さんは青系やセルーリアターコイズというイメージを持たれるようですが

古くからの仲間やお客さんは知っているのですが昔は赤系ばかりやっていました。

オリエンタルドリームが出る以前はスポットばかりやっていて自家繁殖でサークルスポットなども

作っていました。

しかし国内でその辺りの繁殖をするには色揚げという壁が非常に高く、アジアブリーダーのような

ディスカスが作れないということと彼等の繁殖速度に着いて行けず赤系の繁殖は控えるようになりました。

まぁ適度に色揚げの餌を与えてやっていればよかったことなのでしょうが、私の中ではディスカスの

尾ヒレや各ヒレ先、顔などが赤く滲んでしまうディスカスは全く評価しません。

それは今現在でも一緒です、最近は見かけることもなくなったのですがよく尾ヒレがオレンジに

染まっているディスカスが居たじゃないですか、それほど不細工なディスカスはありえないです。

アジア臭プンプンって感じです。

好きな人もいるのかもしれないですが私は嫌いです、飼育の下手さと感性のなさの象徴ですからね。

色揚げするならセンス良く上手にやりましょう。

血統がよければほんの少しの色揚げで十分な結果を出してくれるでしょう。

尾が染まるまで色揚げしないといけないのは血統の悪さを証明していますからね。

近年はアジアから来るピジョン系以外では見ることないですから関係ない話ですね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR