経過

2014-11-02 etc 002_R
2014-11-02 etc 005_R
 昨日の記事の経過です

上の画像は昨日前面だけコケを取って一日経った状態です。

FBをご覧の方はその違いが大きくわかりますね、以前は魚一つ全く見えない状態でしたww

水も大幅に7割ほど換えました、ここで普段の飼育水もしくはろ過機能がうまく働いていないと

淀んだ白濁りを出し始めます。

そうなると魚に悪影響を及ぼす場合もあります。

二枚目画像は昨日UPした水槽ですね、何気に綺麗な飼育水です。

このまま控えめな餌やりをすると明日にはバクテリアも完全復活しますので

ピカピカになります。

じっくり水槽観察を行っている人なら見たことがあるとおもうのですが

水のダイヤモンド現象というのがあるんです、バクテリアの話はめんどくさいのではぶきますが

亜硝酸が硝酸塩に変わる瞬間というやつです。

これは肉眼で誰でも解るくらい「あれ」とおもうほどピカピカのビカビカになる瞬間があるんです。

皆さんも水槽観察は怠らないようにしましょう、魚だけでなく水でも楽しませてくれますよ。

当店の水槽はどの水槽もほぼ100%のパフォーマンスを見せてくれているのはご存知かとおもいますが

何故?なんでこんなに魚が元気なの?

綺麗なだけでなく元気!

最高ですね、でもそれが当たり前で普通のことですね。

さて何故?

至って簡単何もしないからです、我々飼育者ができることは水を換えることと

餌を与えることくらいです。

けど重要なのは飼育水の水質なんです、すの水質は魚たち自身の手で作ってくれるんです。

コンディショナーの類も一切使いません、使った事は多々あります。

結果魚自身が作り上げるバクテリア環境がその魚たちには一番適してるからです。

例えばホテル旅館の布団と自宅のいつも包まれている布団ではどちらがしっくりくるか?

たまには他の布団もいいかもしれないけど帰ってきて自宅の寝具に入ると

ほっとするあの感覚と一緒です。

もっとご自身で飼育されている魚たちを信用してあげましょう。

今までに無い楽チン飼育をすることで飼育者の余裕をつくりましょう。

もっと深く話せばそこには餌との密接な関係もあるんですが

それは店頭にでも来て聞いてください。


さて明日はいよいよ日らん大阪開催です。

私も参加します、当歳1匹親1匹を連れていきます。

我チーム湘南は会長と副会長と会員2名の4人で車路にて向かいます。

深夜にここに集合なんですがきっとまたせっかちな会長は12時前にやってくるでしょう。

勘弁してほしいものです。。。

お暇な方は大阪まで来て是非会場の雰囲気だけでも味わってください。

私もいますのでお声掛けください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR