最近は

 青系ターコイズの繁殖はUSセルとHFセイシェルブルー、ラディーグブルーの

ラインナップを増やそうと思っています。

USセルは既に稚魚がいて現在2,5cmくらいまで成長しています。

この系統のセルは非常にくせが強く昔は間逆が難点だったのですが今のは

形がハイボディーすぎるのが出てきてしまいます。

現在は輸入後のF2になります、F1は古くからのお客様が採って20数匹

残し、そのF1の殆んどを私の元で育て上げました。

その中からこれならと思えるベストなPrを2組作りそのうちの1prから

稚魚を得る事ができました。

現在2cm半の稚魚を見る限り今のところはベストと感じています。

HFセイシェルブルーは限りなくセルリアンカラーに近づけるためF1段階で

最もベストな発色を出していた♀と以前その♀から得たスタイル抜群のF2の♂

との組み合わせをしています。

通常は♀の仔を使った親子掛けを行い時間短縮をするのですが

どうしても発色の固定化を狙いたくてこの組み合わせをしなくてはいけなくなりました。

グリーン~パープルに発色を持たせそこに更に強いイリデセンスを付け加えるための

組み合わせです。

残念ながらまだ稚魚を得る事はできていません。

そしてマニア向けのラディーグブルーは約300匹の稚魚の中から育て上げたベスト10

の中からガチガチの虫食い模様に濃い青~紫に発色し更に昔の香港ターコイズを思わせる

スタイルのPrを得る事ができ、現在孵化まではしています、来週にはブラインまで

捕食していることでしょう。

そして更に熱い繁殖は久々のレッドです。

WILDの繁殖は遊び程度に適度な繁殖を行ってきましたが今更WILD同士の繁殖など

行うほど時間に余裕がないうえにWILDよりもっと良い結果を残してくれる

ベストな種親たちにめぐり合う事ができました。

それなりに夢を広げてくれる組み合わせが可能な種親の1つです。

2世代前にとあるWILDディスカスの血を注ぎ込まれているソリッドレッドタイプです。

2011-10-23ラディーグ 003_R

現在WWFFローウィンヤットサニーが最後に残し狩場氏のPrで渡したWR19LSの仔と組み合わせて

稚魚を得る事ができました。

私個人の希望としてはイエローからタンジェリンカラーを魅せるタンジェリンドリームのような

ディスカスになればと思っています。

ならなければモザイクタンジェリンのようになるでしょう。

その他にもWILD系との繁殖なども行っていますので来春以降は面白いディスカスを沢山

見せることが出来るでしょう。

少し楽しみが増えました^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR