46Ls①-4

 46LsのNo①ラインの中では一番スポット率が高い腹だとおもう。

他の腹は実際3cm前後くらいから旅立っているので実際経過がわかっていない

というのもあります。

そのうち何処かしらで見る機会が出てくるでしょう。

2013-10-22 46Ls①-4 003_R

この個体は中央部がラインスポットとなっていますので

将来的にはWILDロイヤルグリーンのような表現になってくるでしょう。

ここが改良系tpWILD系の違いでもあって

WILD系の場合は後からポチポチとスポットが増えてくるような表現が

多いのですが改良系の場合は千切れてくるという表現が適切なのかもしれません。

特別何かの選別交配をおこなった組み合わせではないのですが

赤みが強くスポット表現が出ればという程度です。

この世代はF2になりますので

私に話を聞いている人は解るとおもうのですが

F2マジックと言っています。

よほど表現が近いもの同士の別系統ならバラケは少ないのですが

このように違う品種同士の組み合わせでは

F1以上にF2世代に至る時は多くバラケてくるんです。

次世代F3も勿論採りますのでようやく

改良への土俵に立てたかなという感じです。

ここからが本来の改良が始まり

数系統を作る作業ができるようになりますね。

同じ血筋でも系統は違うというやつです。

それぞれを固める作業ができれば

逆に言えばいつでも戻すことも可能であるということです。

たったこれだけで10年はこの品種だけで遊ぶことはできますね。

血統も大事ですが良表現があって初めて評価対象となるんです。

なんぼ血統が良くても魚がそれに見合ってなければそこで終了~

立て直すなら別のもので遊んだほうが早いかもしれないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR