広島紀行(帰航)

 続き

絶品刺身スズキ

「食ってみ~ 甘いぞ」

関東でもスズキは釣れます。

サイズだけなら横浜あたりに居ついているものなら負けないだろう。

1mサイズも釣れます。

目の前で倉津氏が捌いてくれたのですが90cmクラス

まずその太さ

私のふくろはぎくらいはあっただろうな。

身はぷりっぷり

軽くしょうゆをつけて口に放り込んだ瞬間

しょうゆの味と同時に舌触りで感じる独特の甘みが広がりました。

そして1噛み2噛みすると更にその甘さが広がります。

小説を書いているのではないのでこれ以上の説明はいいだろうw

そんな感じで氏の御もてなしを受けているとき

奥様が広島焼きを持ってきてくれました。

実際もう食えんというくらい食べまくっていたのですが

この広島焼きも美味!

そのまま宴は引き続いたのでした。

そろそろ失礼してホテルに行かなければと。

後片付けして

スモークされたアジを持たされ

奥様が市内のホテルまで送ってくれました。

事前にホテルは取っていたのですが

福岡のお二方も同じホテルにしていたため

3人を送り届けていただいて、とりあえずここでお別れ。

そしてチェックイン!

手続きを済ませ

「さて何処行く」

現実お腹いっぱい

もう飲みたくもない

しかし夜は長い。。。

部屋に荷物を置きロビーに集合

そのままタクシーに乗り込み

広島の聖地へと消えていくのでした。。。

翌朝ホテルで朝食を取り

まずはここ

2013-05-16 hirosima 049_R

日本人が絶対忘れてはいけない場所

原爆ドームまで歩いて散策

早めの時間だったのですが外国人観光客でにぎわっていました。

にぎわっていたといっても騒いでいるやつなどおらず

ガイドさんに説明を受け

しっかりと悲惨だった姿、事態の説明を聞き入っていました。

綺麗に整備された公園を歩き園内の橋から原爆ドームをぱちり

2013-05-16 hirosima 060_R

どこぞの観光客がかぶってしまいましたね。。

2013-05-16 hirosima 070_R

反対側の橋からが一番良く見えるようです。

そして公園内に設置されている

原爆の子の像の脇に設置されている

折鶴を奉納する場所がありました。

修学旅行生が多く訪れ学校単位で千羽鶴を奉納し

その場で黙祷を捧げる姿を見かけました。

2013-05-16 hirosima 067_R
2013-05-16 hirosima 066_R

こういうことを行ってることも私は知りませんでした。

同行してくれたけんじさんひらっちさんはやはり子供の頃

同じように鶴を奉納したそうです。

良い話です。


そして車を取りにいくため電車に乗り込み再びB-HOUSEへ!

そこで偶然なのか名古屋のTさんとばったり

短い時間でしたがディスカス談義に花が咲き

ひらっち号にて空港まで送り届けてくれました。

空港で3度目の広島焼きをいただき

ただひたすら食べるだけの広島紀行だったような気がする。。。

機内に入るためのセキュリティー検査までお付き合いしてくれました。

くそ、そこで2度も引っかかるというお恥ずかしい姿を

見せつけてお別れしました。

けんじさんひらっちさんお付き合いいただきありがとうございました。

そして倉津さん夫妻にはお世話になりました。


短い時間ではありましたがその場にいたユーザーの方は

とても貴重なひと時だということも解っていただきたいと思います。

広島で倉津さんと私が一緒にいる事自体が奇跡のような瞬間なんです。

プロ中のプロがお互いのテリトリーの中で存在する瞬間なんて

滅多にあることではありません。

今後のディスカス事情に今回の事が何かに投じられるのは

間違いないだろうと確信して帰ってきました。

またいつか広島に足を踏み入れたいと思います。

次は宮島行きたいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、Tです(笑)

昨日はありがとうございました。
お会いでき、また色々お話が聞けてとても嬉しかったです。

また是非お店にも伺いますので、よろしくお願いしますm(__)m

No title

Tさん昨日はどもでした、いきなりでちとびっくりしましたけどねww
こんどは綿密な計画の上でゆっくりできるようセッティングしてください、こちらはだいたい皆いつでもOKですww
お待ちしています^^
プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR