卵そして孵化

 2013-03-20 孵化1日目 020_R
画像中央と中央上部の黒っぽい卵は受精卵です。

しかしよく見ると周りに抜け殻のような半透明なものがあります。

昨日朝来たときには孵化していたんです。

確かに24時間を越えての朝だったので孵化はしてもいいはず。

既に孵化していたのだが見ると2粒ほど黒い卵があるじゃないですか。

もしかしたらと思いそそくさとカメラを設置

そのまま待って瞬間でも捉えよう。

しかし待てど暮らせど孵化しない。

そう結局孵化はしなかったのです。

殻が固かったのか

殻を破る力がなかったのか

既に死んでいたのか

こういうこともよくあります。

受精率の低い条件で2粒孵化せずならまずまずだと思います。

孵化したのが約20匹

水槽の角の部分で汚れているところにいたので撮影は無し。

そして今朝元の卵を産みつけた場所に孵化した稚魚を戻していたので

パチリ

2013-03-20 孵化1日目 023_R

シラスです。

皆さんがよく食べているやつです。

私もよく食べます。

富士の御大がいつも持ってきてくれるやつです。

これできっと次回来るときは間違いなくまた持ってくるでしょうww

光を強く当てて撮ったやつです。

あまりにも気持ち悪いので載せてみました。

可愛らしさのカケラも持ち合わせていません。

これがあのディスカスの稚魚だなんて。。

2013-03-20 孵化1日目 051_R

普通に撮るとこんな感じ

絡む糸まで撮れるかとおもったのですが

水槽汚すぎ

アクリル汚い

レンズ限界

虫メガネ持つ手も疲れた

これでご勘弁を。。。

人間もそうですがこの生まれた瞬間は皆平等

これから持ち合わせている遺伝子によって

基本的な形成が成されていきます。

違いは遺伝子のみです。

よく言う系統とか血統言われる部分がここに当てはまります。

ほって置いてもそれなりになるの良血統といえるんでしょう。

しかしそこで個々の飼育技術というスパイスを加えることで良魚になります。

半分は人間の手をどれだけ上手に加えたかということで

その魚の良し悪しが決まってしまうんです。

その部分が作りと言える部分に当たります。

そろそろコンテストです、出品する方も出品魚を決めだす頃でしょう。

何事も無ければ私も審査には参加するでしょう。

私の場合魚の良し悪しよりいかに作りこんできてるかを評価対象にしています。

結果きっちり作りこんできてる魚はよくなってますからね。

そこを評価してあげなければコンテストなど全く意味を成しません。

やれ赤けりゃいいとかスポット多ければいいとか

ラインは綺麗に流れてればいいとか

そんなのは全くナンセンス

それなら雑誌カタログで十分

購入して自分なりに時間をかけて育て上げたものは全然OK

自分で殖やしたやつなら尚嬉しいだろう

購入して半年もたたないものなど私は評価しないです。

WILDに至っては最低1年以上飼いこんでなければ評価0

たとえロイヤルでなくてもきっちり飼いこんできてるものが

評価高いです。

凄い立派なロイヤルであってもこれは今シーズンのものであれば

評価に値しない。

コンテストというのは魚だけでなくそれ以上に出品者の

思いを評価しなくてはいけません。

特に日本で行われるコンテストが海外のコンテストのように

商業だけのためのものになってはほしくはないです。

味があるディスカスを評価するのが日本のディスカス

しかし残念なことにこれを評価できる審査員がいない

カタログ選びしかできない審査員しかいない。

出品するユーザーが可愛そう。。。

しかしそれが現状

私の仲間も出品します、人に見せて恥ずかしくない魚であればいい

というのが私の考え

結果はともかく善戦してくれるでしょう。

撤収後は昨年同様祝勝会になるか残念会になるか解らないが

皆で労いたいと思う。

日曜の夜になってしまうが日本中から名うてのTOPブリーダーが集まります。

楽しいひと時を過ごしたい方ご連絡ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR