FBで感じた②

 中途半端なので続きを。

FBの話でしたね。

時折載せる画像を見て世界各国の人から譲ってほしいという

相談ははっきり言って多いです。

海外に送るとなるとはっきり言ってめんどくさい。

語学力のない私にとっては至難の業である。

幾度かは輸出も行っているがある程度日本を理解してくれている

方としかやり取りはできない。

しかしFBによって世界中の人が世界が狭くなったので

いとも簡単にコミュニケーションを取ってくる。

そして次に多いのが飼育相談である。

飼育相談が多いのは圧倒的にインド、南米ですね。

インドは経済的にも豊かになり熱帯魚を飼育するということが

少しづつではあるが広まってるようです。

広まりだしたのはいいが飼育マニュアルがないようです。

特にディスカスなどは20年以上前の日本の状態そのもののようです。

繁殖を目指しビジネスに繋げようとする人

輸入をしてビジネスにしたい人

そういう人はガンガン色んな事を聞いてきますね。

南米の人は我々からすれば最も熱帯魚に触れている方という

イメージがあるが実際はそうでもなさそうです。

手取り足取りで教えてあげた方もいます。

南米の方といえば隣町の愛川町はブラジル部落みたいな所があり

在日の方もいればブラジルから就労にきてる方までいますが

そこのブラジル人が昔よく私の所に通いつめ繁殖を教えてくれといった人も

いました。

ブラジルに帰ったらディスカスの仕事をしたいと言っていましたね。

私にしてみればWILDでいいじゃんという話だったのですが

現地の方はWILDなど全く興味なし

うちのヘッケルを見て「コレは市場で売ってる」と言っていたのを

思いだした。

勿論食用としての市場である。

それでも普通の方は絶対食べることはないらしい

非常に不味くディスカスを食べるのはホントの貧困者だけと言っていた。

きっとそういうイメージがあるためディスカス飼育は流行ってないのだろうな

日本で言えば川魚を飼うのと一緒なんだろう。

確かに飼育者は少ないだろうなと感じる。

飼育者が少なければ確かにマニュアルもできずらいだろうから

上手く飼育繁殖できるはずがないだろう。

しかし外国の人は遠慮なく色々聞いてくる、勿論聞かれたことは

わかる範囲で教えています。

私の作ったマニュアルで飼育を憶えれば苦なくディスカスを

楽しむ事ができるだろう。

日本はいつまでも20年以上昔のマニュアルに縛られ

四苦八苦してる方がほとんどだろう。

つまらん魚を売りつけられ、ゴミのような知識を教えられ

ただ可愛そうとしか思えないのは私だけなのだろうか。

ディスカスはもっともっと楽しく遊べる熱帯魚なんです。

仲間友達を誘ってディスカス飼育を楽しんでみてはいかがでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR