選別

 せっかくなので多少の障りの部分を少々。

基本的なのが上下左右のバランスの良いものを選びます。

あまり詳しく書いてしまうと勘違いされる方が多いので

適度にします。

これが良いと言えばそうじゃないのがダメだと思う方がいますが

そんな事はないのでその時得られた幼魚の中のベストを探してください。

目の大きさが揃っているもの

時折目は先天的に小さくなってしまっているものもいますので

そこもよく判断してください。

目の中の大きさも見ておくといいでしょう左右で大きさの違いのあるものも

出る事はあります。

曲がりもよく見ておきましょう、私も時折見落とすこともあります。

顔、口、ヒレ、背骨がそれに挙げられます。

2~3cm程度の場合は何となくでいいと思います。

5~6cmになれば大方のものを細かく見ていくことができます。

バーチカルもある程度は揃っているものを選びましょう。

実に一般的な選び方ですねww

しかし現実的にこれを選び出すのは結構大変で

100匹強の幼魚の中からでも10匹拾い出せればいいほうじゃ

ないですか。

私はいつもトップ10を拾い出すようにしてるんですが

この条件を完全にクリアできるのはいつも7匹程度です。

少ない時は3匹くらいしか拾えないこともあります。

細かく見る部分は来店されている方にしか教えれませんので

あしからず。

何故なら写真とるのがめんどくさいからです。

話を教えられたお客様のところははっきり言って

当店の展示魚より数段よいものを持っています。

選別のみならず作り込みまで解っているからなんです。

骨格の形成と育て方まで理屈通り納得できると難しくはないんです。

この2つを習得すれば誰でもディスカスマスターになれます。

1つだけ肝心な事をお教えします。

大きくなったのが良い魚ではなく

良い魚を大きくするのです。

選別時によくありがちな過ちのひとつです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR