もうひとつの遺伝

 まずはこの画像から

2012-07-21 19Lsクロス 003_R
この真ん中の個体に注目

他に見える個体も兄弟ですのでそれも参考にするといいです。

真ん中の個体は19lsクロスの中から出たカラナンザルタイプです。

色、形どこをとってもカラナンザルかイナヌにしか見えないですね。

ちなみにイナヌとカラナンザルは同じ川です。

カラナンザルが上流です。

イナヌのほうが下流なので赤味とかは強いですね

そのぶんカラナンザルは上流なのでスタイルがいいですね。

これはWILDグリーンでも当てはまるのでテフェ湖と

アッパーテフェでは全然違うタイプに見えますね。

色味はテフェ湖のほうがスポットなども赤く強く見えます

その分アッパーテフェはホントに綺麗なレモンイエローの地肌に

パウダーブルーそしてテフェらしくないスタイルをしています。

また話がずれてきたので上流と下流の違いはお店にでも聞きに来てください。

ホントの事教えてあげるからww

そしてこちらの画像を見てください。
2012-07-21 19Lsクロス 010_R
ここまで見えるとハイブリッド個体であるという事が解りますね。

グッピーの話なんですがあの大きな尾は2~3種類の遺伝が組み込まれている

そうです。

外側、中央、付け根部分では遺伝形態が違うそうです。

ディスカスはそこまで解明してる人はいないと思いますが

同じように遺伝形態が違うと私は考えています。

理論と結果を持ち合わせていますのでおそらく正しいはずです。

詳しい事はめんどくさいし長くなりすぎるから書きません。

DNAレベルの話もあるのですが尚めんどくさいので書きません。

ディスカスのDNA解析した論文を読んだ事ある人ならすぐ理解できる

のですが、それが顕著に現れているハイブリッドのお手本ですね

今現在はこのような表現ですが最後は面白い個体になりますよ。

理論と結論が一致するのは凄く大変な事なのですが

そこまでディスカスを理解していくと面白いですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR