カメリアワイルドブラッドF2

 先日ご紹介したF3の前世代F2の写真が出てきたので

ご紹介します。

came1_R.jpg
如何でしょう、何となくではありますが面影ありますよね。

実はスターダストビーチもいるんです。。。

こちらはご紹介できるほどの画像がありませんでした^^;

当時くまもと熱帯魚がディスカス専門誌に顔を出し始めた時は

はっきり言ってもの凄い衝撃を受けました。

当時の国産ディスカス国産ブリーダーとしては類をみないくらい突出して

いたと私は感じました。

他の国産ブリーダーさんには申し訳ないが世界が違うとまで感じました。

まあ私にとって特に関東にとっては手にする事が困難でしたが

知人よりビーチとカメリアを手にする機会を得ることができました。

当時は良い魚を手に入れることは非常に困難な時代で今のように画像で確認

など考えられない時代でした。

もちろん手に入れるディスカスには大きな期待をするのですがいつもこんなもんか

というのが現実でした。

さてどうしたもんかといえば自分で増やすしかない増やして分母を広げて

その中から新たなものを選別し、ようやくスタートラインに立てるという困難さでした。

そういうことを繰り返していたからいつの間にか自然とディスカスの繁殖技術、

メンタル、アグレッシブさが身に付いたのでしょう。

私はもう20年以上ディスカスとお付き合いをしています。

ユーザーさんも面白いくらいはっきりと分かれることがあって約20年まえから

ディスカスをいじってる人とそれ未満の人とでは明らかなメンタルの差を見せてくれます。

あの時代に良いディスカスが欲しいと思っていた人と今の人では技術その他全てにおいて

追いつく事も追い越す事もできないほど差があるのです。

良い種親は買うのではなく作る、この種親作りが今は必要無くなってしまいました。

その分良くないディスカスを良くするという経験ができないですからね。

少しずれましたが勿論くまもとの魚も例外ではありませんでした。

狩場さんごめんね~~

しかし育て上げ仔を採るとそれに答えてくれる魚でしたね、ハイブリッド化しても

間違った組み合わせしなければちゃんと出てくるんです突拍子も無いのが。

お陰で沢山の経験をつませてもらいました。

この身にならない結果の出てこない経験が今の私を作ってくれたのだと

思います。

そのうち機会があれば国産ブリーダー国産ディスカスをメッタ切りしてみたいですねww

良いディスカスを作れる人はほんの一握りしかいない。

海外ブリーダーも一緒ですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR