エンランアクアリウム

 以前香港にエンランアクアリウムというファームが存在した。

チェンワイセンがいたと言えば分りがいいのかもしれない。

このエンランアクアリウムというのは当時としては非常に面白い

経営大系で100%日本人が出資して作り上げたファームであった。

立ち上げるにあたってのチーフブリーダーはあのチェンワイセンであった。

そして使用した種親は全てWWFFから購入した。

ということは例えばWB22はYL15ブルーフェイスと全く同じ品種である。

品種というより同じ血といったほうがいいだろう。

同じ血でも作り手によってディスカスは違ってくるものである。

当時一大旋風を起こしたファームであることは間違いない。

販売店が同じ県内ということもありよく足を運びディスカスを見せてもらいました。

当時販売店を切り盛りしていた方とは今でも年に数回お会いしてディスカス談義

などを楽しませてもらっています。

5,14ru-1_R
この個体はYL25ルビーストーンレッドで私が繁殖した個体になります。

鮮やかな赤色が特徴的で得た仔のほとんどがこのようなレッドを発色しました。


何となく昔の当店のディスカスを最近はUPしてるのですが

皆さん「あれ?」とかってそろそろ思ってる頃ではないでしょうかね。

そう、当時は本当に赤系がメインのお店だったし、ブリーディングのほとんどが

赤系とWILDだったのです。

現在では青というイメージをお持ちでしょうがそんなこともないのです。

までまだ紹介しきれない赤系ディスカスが沢山あります、全てをご紹介することは

しませんがぼちぼちとご紹介したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR