お知らせ

 27日までお休みとさせていただきます。

28日は通常営業となります。

ご迷惑おかけします。



2016-12-18 46LsP YG 005_R ぺこり

またまたパンサー

2017-05-14 pansa- 001_R 2017-05-14 pansa- 002_R 先日の3枚目のパンサーカメレオン アンビローブと同一個体です。

昨日の脱皮でちょっとした変化が出てきました。

前回グリーンの部分が赤くなるといってたのですが予定通りというか

予想通りというか早くも発色が始まり出したのが確認でき始めました。

楽しみですね。

またパンサー

2017-05-12 パンサー 003_R 2017-05-12 パンサー 004_R 2017-05-12 パンサー 005_R 3匹ともアンビローブで3品種となっています。

1枚目は昨日の記事同様ここ最近一気に頭角を見せ始めました。

この種は青い部分が赤色に変化してきています、2枚目も同様で青い部分が赤く変化!

そして3枚目は緑の部分が赤く変化していきます。

バンドの部分が変化するかとおもえば地の部分が変化してみたり何かの法則でもあるかのようだが

実はちぐはぐな変化をみせてきたりする。

しかし親画像を見せてもらうと確かに親みたいにはなっているのは明らかである。

パンサーカメレオンの中でも特に多様に飛んでいるアンビローブにはこれといったものが

明確にはない事が解る、これはWILD(野生種)を見ても多々多様なのが解る。

日本のように極端にこの種だけでの入荷が少ない国では判別をすることは学術的にも

不可能なのはわかります、検体数が少なすぎるからです。

これといったプロブリーダーが一人もいないのもこれが原因でしょう。

採れればいいや敵な日本人と多くの親を集めてその中から種親をチョイスする

欧米には追いつかないのは当たり前なのかな。

改良という面では完全にアメリカですけどね、ここの部分は欧米では明らかに考え方の違い

というのが人間性の違いが出ていていたし方ないところでしょうね。

そして日本人はというとヨローッパの考え方を重視するのですがアメリカを目指すという

至って矛盾の大きな人種ですww

そろそろカメレオンは値段改定しますのでよろしくです。


明日13日は夕方前までの営業となります、ご迷惑おかけします。

ついでに20日の土曜日は名物店前BBQしますのでこちらも参加してみてください。


バーミリオン君

2017-05-11 etc 001_R 前回も登場したプレミアムバーミリオン。

コオロギを咥えておりますが失礼します。

この数日で一気に美しさの豹変が始まりました。

目を見張る発色です、やはりパンサーカメレオンは美しいです。

これで約生後8ヶ月!半年後が恐ろしいです。

価格などはお問い合わせください。

パンサーカメレオン

2017-04-25 etc 005_R まずはパンサーカメレオンアンビローブ、プレミアムバーミリオン。

大分サイズも上がりお求め安い感が出てきましたね。

2017-04-25 etc 006_R 2017-04-25 etc 008_R パンサーカメレオンアンビローブ

こちらは赤ちゃんサイズでやってきたプレミアムアンビですが十分なサイズアップをしてきましたのでご紹介します。
赤に黄色に緑がふんだんに盛り込まれてます、とにかく綺麗です。

2017-04-25 etc 012_R パンサーカメレオンノシベ

こちらも赤ちゃんサイズでしたがお求め安いサイズになりました。

2017-04-25 etc 014_R 2017-04-25 etc 017_R パンサーカメレオン アンバンジャ

エメラルドグリーンの体色にラピスラズリのブルーバーを持ちます。
まだまだ変化していくとおもわれるブルーアンバンジャです。
おすすめ品です。

これらのパンサーカメレオンは全てトランプ氏が奮闘している米国で生まれたものです。
世の中の状勢はやや不安定な気がしますがこれらのパンサーカメレオンは安定の
kammerflage産ですので安心安全でお求めできます。
ブリーディングに使ってもばらつく事無く安定の品質の仔が生まれてきますので
さらに楽しめますね。
この機会に是非お手元で楽しまれることをオススメします。
プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR