あんび~

2017-03-25 kammer 002_R アンビローブ Manga-hay

入荷時は何の変哲もないパンサーかとおもっていましたがこの2週くらいで一気に本領発揮

といったところでしょうか、現在生後5ヶ月ですのでまだまだこの先の発色と変化が十分

楽しめる逸品となってきました。

行儀もよくお座りまでしてくれて撮影に望んでくれましたよ。

フェイスカラーもオレンジレッドに黄色、緑に青色といった原色揃い踏みです。

この間まで全く顎下の発色もなかったのですが今はこれもんです。

2017-03-25 kammer 007_R 目の赤さからいっても全身に濃い目のレッドが覆ってくるのがわかりますね。

カメレオンって爬虫類の中でもかなりペット性が高い生き物だとおもうんです。

夜は寝てくれるし慣れてしまうと威嚇行動も減り手を差し出すと「呼んだかい」とばかりに

すたすたと寄って来るし。

実はただ逃げ出したいだけなんだろうけどww

新聞紙で輪っか状のものを置いておくとその中に潜りこんで夜は寝てたりもする奴もいます。

餌持って歩くと舌出して待ってる奴もいたな、まだケージの蓋も開けてないのにねww

アダルトになると動き回りはするけど愛嬌が減ってしまうので飼育始めるなら

個人的には幼体からの飼育がオススメですね、結構愛着が湧いてきますよ~

入荷時ちびっ子すぎて販売できていなかった仔たちがきっちり成長してくれていますので

是非店頭にてセレクトされてマイペットとして可愛がってあげてください。

どぎついのがお好きな方はこんななのも待ってるで~

2017-03-25 kammer 008_R モンスターレッド Miroborobo


ブリリアントからのセルリアン

2017-03-19 atc 002_R  手が写りこんでしまった。

往年のブリリアントブルーを彷彿させるデッサンとなった46Lsクロス。

まずまず見事といえるほどの完璧な頭部です。口先から頭部ヒレへのラインフォルム

そして口先から腹ヒレへの寸分の狂いも無い完璧なフォルム。

顔の作りも完璧でこれ以上は無いであろうくらい完璧である。

コンテストでの頭部周りの評価が10点なら10点入ります。

これが国際基準である。

近年での国際審査ではエラの形と胸のせり出し頭頂部背ヒレの付け根のコブは

ほぼ審査対象外に値します。

いわゆる欠陥品扱いされてしまいます、古くから私のセミナーを幾度か受けている人には

大体の欠陥は伝えてあるのですが日本ではそれ以外の方たちには周知されていないです。

ほんとに小さな事程度なのですが今やヨーロッパあたりでは完全にNGとされています。

では何故NGなのかは私とヨーロッパあたりとは見解が違い血縁関係と育成法など

原因は解ってはいるのですがインブリードをたかが数世代しか行っていないヨーロッパ人には

理解できないようだ。

もう少しディスカスを勉強してもらいたいものだ、やったこと無いやってもいない

人の話しか聞いたこと無いやつに何が解るのか私からすれば笑止でしかない。

だからレベルの低い世界とはかみ合わない、幾年も昔の通過点の話じゃ私を論破などできない。

しかも結果がその程度のディスカスじゃ話にもならん。

そういった意味では日本は進んだその先にあるものまで手が届いているのは実感できる。

極僅かの一部に限りますけどね。

時折海外のプロやスーパーマニアと議論ディスカッションを行うのですが

かみ合う人はやはり極僅かしかいない。海外には日本と違いヘビーマニアがいますので

この先は少しは楽しみでもあります。

今年も江戸川のコンテストが行われます。

毎年楽しみにはしてるので奮って参加してもらいたいものです、どんなディスカスでも誠心誠意

審査させていただきます。

ホントはその後にきちんと魚評を良い魚もそうでない魚も行って伝えてあげたいのですけど

やはりその場で実物を見ながら行わないと上手く伝えることができないですからね。

そして

2017-03-19 atc 004_R 2017-03-19 atc 005_R 生後4ヶ月に差し掛かったKammerFlageの新作ノシベのAdunです。

このサイズでこの発色はありえないくらいなんです。

入荷時はまだ顔の一部と側線の脇に青い発色が見られた程度だったのですが

1ヶ月でほぼ全身に発色が始まりました。流石としか言いようがないです。

後半年もすれば展示してあるAdun同様青紫のセルリアンブルーになるでしょう。

このkammerflageの良い所はたのアメリカンパンサーカメレオンブリーダーと違い

ほぼ固定されているところなんです。

その中での品質の良し悪しはありますが赤いのやら青いのがバラバラと出てくるような

ことはないのです。

これには系統と交配に緻密なる計算がされて交配を行っているからこそ出来るものです。

交配実例が少ない日本人には理解は難しいのかもしれないですね。

視野がせまいですからね。

日本においてはまさにこれからがパンサーの繁殖が行われる時代なのかもしれないです。

国産ものも多々拝見しましたがやはりまだまだ足元にも及んではいないのでこれからが楽しみ

な時代に突入できるのかもしれないですね。

カブキ

 このブログの他にFBなどのSNSも行っているが公式的なものはDiscarrowの
名前でおこなっていて個人名は適度に遊び程度でおこなっているがなかなか個人のほうも
そうは見てもらえなくめんどくさかったりする事も多々あったりもします。
FBはMAX5000人ですが先日MAXに達してしまったのでざっくりと削除したりしています。
外国人から日本人も問わずあまり絡みをしてきたりしない人や利用しなくなった人
全く自身の記事を上げず見るだけの人とかは外しています。
ゆくゆく1000人弱までは減らしたいとおもっています。
さすがに5000人近く共通の趣味を持った人がいれば外国人も日本旅行などに来た時は
遊びに来る人も結構いたりもします。
昨日もモンゴルからの人が今東京にいるから行きたいみたいなこともあった。
そんなのが毎月幾人かづついたりするのですが私コミュニケーションがとれませんので
めんどくさかったりしてしまう。
殆どがディスカスを売ってくれという人ですね。
今世界的に日本できちんと殖やしてる人のディスカスはもの凄く評価が高いです。
これは間違いありません、私が色々世界のディスカスも見ましたが全く引けを取るどころか
確実に品質は高いのは断言します。
その代わり諸外国のディスカスが品質が落ちてると言った方が正解なのかもしれないが
確実に日本産のほうが上である。ちなみに全部誰でもじゃないですから勘違いしないでね。

ディスカスはお題とはちょっと違うのでタイトルに戻ると
「カブキ」私ら世代だとカブキといえばグレートカブキだろう。
歌舞伎役者ではなくやはりグレートカブキです。
あのメイクに似たパンサーカメレオンを紹介します。
2017-03-08 Kabuki 009_R 2017-03-08 Kabuki 012_R ちょっと解りづらいですかね。

2017-03-08 Kabuki 021_R 言いたいことと雰囲気は伝わりますかね。

写真の光の加減なのかななかなか実物を再現できてないですが
面白い顔になってきました。
どっち転んでも凄いパンサーカメレオン アンビローブです。
こんなアンビは見たことないですね。
この青系統のアンビローブは数種類あるのですが今回は3種類入荷してます。
微妙かもしれないが3種3様で違いも解ります。
やはり自分の系統を持っているブリーダーはこういう時強いですね。
こういうのは私はディスカスである程度のものを極めてきましたので理解できるのですが
経験がないと理解しがたい世界なのかもしれないです。

カートUPした仔たち

2017-02-28 TBTF2 001_R 2017-02-28 TBTF2 004_R 2017-02-28 TBTF2 008_R 先日ショッピングページにUPした個体たちです。

クリペア系のソリッドレッドです。

本日も発送して残り僅かとなります、普段あまりこれはいいですよなどと営業は店内でも

行わないのですがこれは赤系としてはいいですよなんてったってHFHBです。

赤系の難点であるスタイルは全て克服してあります。

残りわずかです。

ノシベ2

2017-02-28 ノシベ 008_R 2017-02-28 ノシベ 007_R 上画像がFinwe

写真私が撮ったので下手くそですがとにかくこの仔は綺麗です。

エメラルドグリーンに輝く体色が誰もをひきつけるでしょう。

下画像はJean Luc Picardと言って限りなくAdunに近い発色をします。

こちらもお問い合わせください。



2017-02-28 ノシベ 012_R 俺も撮ってくれと近づいて待っていた2代目店長ネロ店長です。

店長はサボり癖があり不在が多いですので私でも代わりに対応できますのでよろしく。

そして不機嫌な奴!!

2017-02-28 ノシベ 001_R 
プロフィール

Discarrow

Author:Discarrow
ようこそ熱帯魚の王様ディスカスをメインとしたブログへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR